数十年前に建てた注文住宅

数十年前に注文住宅で一戸建てを購入しました。家に対しての思いは沢山あり、それもあってあれもこれも見たいな気持ちが溢れ後先考えないノープランな部分は今更言っても仕方のないことだとは思います。

 

だからこそ購入する際にはその先のことも踏まえつつ家は建てなければいけないんだなと思いました。若い頃は身体も動くし多少のことなど気にもしませんけれども後でリフォームをする余裕があれば何も問題はないとは思いますが、それが難しいと考えるのであればやはり先のことを踏まえつつ家は建てるものなんだと思います。

 

特に庭のお手入れに関しては育ち過ぎた木が剪定するだけでも一苦労ですし、階段の上り下りさえも億劫になる今日この頃でもあります。

 

とは言え今更どうにかするといってもリフォームくらいしかありませんので今後のことを踏まえつつ考えてる最中ではありますが、ただリフォームというのも色々と大変なことになりそうなので考えどころではあります。