子育て真っ最中に新築一戸建てを建てました

一戸建てを建てるのにまず重要視したことは、家族にとって気持ちのいい間取りであるかどうかという点です。
自分の家事同線、子供とのコミュニケーションがとりやすいかどうか、夫婦の時間を持てるかどうかなど、家族みんなが気持ちよく毎日を過ごせる間取りであることです。
そして、小さな子供が、大きくなっていくこと、子供が増えることを考えて、間取りを変えられることも重要でした。
ずっと住み続ける家だからこそ、今だけを見るのではなく、未来の家族像を想像しながら、間取りを考えることを重要視しました。

まずは、好きな間取り、嫌いな間取り、参考にしたい間取りなどの情報を得るために、実際にたくさんの展示場に見学に行きました。
そして、好きな間取り、嫌いな間取りを明確にし、それを設計士との打ち合わせの時に提示することで、具体的に自分の理想を伝えることができたと思います。
子供部屋は、まだ子供が小さいときは、広々と遊べるよう、二部屋分をつなげておき、将来壁を作って部屋を分けられるようにしました。
そして、夫婦の時間をとれるよう、夫婦の部屋もきちんと作りました。
そして、家事同線にもこだわり、自分の性格と、家事のやりかたを細かく書き起こし、設計士に伝えることで、自分にあった家事同線のいい間取りにすることができました。

一生に一度の大きな買い物です。ぜひ後悔されないよう、たくさん悩んで、たくさん考えて妥協することなく、購入して欲しいと思います。
とにかく、たくさんの住宅展示場を見て回ることをお勧めします。
自分や、家族に合っている間取りをぜひ見つけて欲しいと思います。

PR|西多摩で建てる注文住宅|